外食を控えよう

外食を控えよう

ダイエットにとって大敵の一つが外食ですよね。外食するとどうしてもおいしいので一杯食べてしまいやすくなりますし、カロリーの高い食事を選択しがちです。
とはいってもどうしても外食をせざる得ない状況もあると思いますので、どのような場合は出来る限り野菜中心のメニューを選択したり、和食系の外食にするなどを意識したいものです。

お昼はお弁当に

外食するパターンとしては仕事のお昼のランチだと思います。ランチタイムは同僚との付き合いもあって、外食をゼロにすることは難しいかもしれませんが、できる限りお弁当を持参したいですね。
お弁当でしたら、食べる量を自分でコントロールできますし、栄養バランスの取れたお弁当にすることも可能です。お昼代も節約できますしね。

お弁当を作るというのが面倒くさいかもしれませんが、毎日習慣化してしまうと面倒と感じることもなくなると思います。上手に工夫してカロリーコントロールをしたいですね。

間食もできる限り手作りで

間食もダイエットにとっては大敵ですが、ずっと間食を控えることを意識しているとストレスがたまると思います。ストレスをためながらダイエットするのは長続きしないと思いますので、無理のない程度に間食をしたいですよね。
市販のものはどうしても糖分が多かったりと、カロリーも高いのですが、手作りでお菓子を作れば砂糖の量やバターの量も調整できますので、カロリーが低くヘルシーなものを作ることができます。

例えばお勧めなのがスコーンなのですが、牛乳の代わりに水や豆乳を入れてカロリーを抑えることができますし、いろいろなものを入れることで味のバリエーションを付けやすいのでお勧めです。
スコーンのバリエーションにはこちらのコナノコスコーンのメニューを見てもらうとわかるように、いろんなものが作れますのでダイエットにはお勧めだと思います。