ファスティングの効果

ファスティングの効果

最近注目され始めているファスティングの意味は、要するに〈断食〉です。歴史的宗教的背景を背負ったシリアスなイメージの〈断食〉より、やはりファスティングという言葉のほうがとっつきやすいですよね。とっつきやすいといっても実行するとなるとそう簡単にできるものではなく、モチベーションやら覚悟やら準備やらいろんなものが必要になってきます。

ダイエット以外にも効果が

三食バランスよく食べて何の問題もなく健康と体型を維持していけるなら、あえてファスティングをする必要はありません。
では、あえてファスティングをすることでどんな効果が得られるのでしょうか。
まず、日頃の食生活で疲れた消化器・循環器を休めることができます。
休肝日の拡大バージョンです。
それから、自分の食生活や食欲を、一歩引いて見直すことができます。
今までの食生活で自分は、本当に食べるべくして食べていたのかどうか。
人間は、なまじ頭を使うことで本来持っている生存本能を混乱させたりするのです。
だって、考えてもみてください。
もったいないから、せっかくだから、いらいらするから、おいしそうだから、めったにお目にかかれないものだから、忙しくて次にいつ食べられるかわからないから、という理由で空腹でもないのに食べる生き物は、人間だけなんです。

ファスティングの目的

体の中にいる敵をやっつけること。
余分な蓄積物や毒素を体外に排出すること。
これがファスティングの目的です。
ほとんどの女性がダイエットを目的としてファスティングを行っています。
〈ダイエット〉の意味も本来「食事療法」ですから、理にかなっていると言えますね。