2日プチ断食の方法

2日プチ断食の方法

ダイエット法の中で、今、注目を浴びているプチ断食。またの名をファスティングといいます。これを本格的にやるとなると三日間。前後の準備日と回復食を入れると一週間かそれ以上かかります。一般的な勤め人の場合、そこまでまとまった休みというものはなかなか取りづらいのが現状です。かといって仕事の日にやるとなると、通勤に労働にと日常の活動でもかなりのエネルギーを使うので、空腹が続く状態が適しているとは言えません。低血糖でふらふらになる恐れがあります。

準備日も忘れずに

まずは二日間だけの短縮バージョンを試してみてはいかがでしょうか。
土日が休みの場合、その二日に集中してファスティングを決行するのです。
といっても、正味きっちり二日というわけではなく準備日が必要です。
いきなりいつもと違うことをすれば体はびっくりしてしまいます。
何事によらす急激・極端を避け、徐々に慣らすことが肝心です。

前日と当日の流れ

前の日の昼食は野菜を中心にしたバランスの良いもの、夜は消化の良いものを早めに食べ、量もいつもの三分の二程度にしておきます。
その翌日は朝、起き抜けに水を飲み、「通り」をよくします。
要らない物が体外に排出されるよう手助けするわけです。
それからは摂取できるのはファスティングのために開発された酵素飲料、野菜ジュース、水だけ。
ジュースも、市販の甘いジュースではせっかくのプチ断食が糖分で台無しになるので、自分でその都度野菜ジュースを作るのが良いでしょう。
断食明けには今度は日頃の食生活に徐々に戻していきます。
消化器にやさしいおかゆ、ヨーグルトなどが最適です。